クリエイターの仕事に必要な適性まとめ【才能は不要です】

クリエイターとして生きていきたいんだけど、自分は向いていないかも…必要な素質や適性ってあるの?

ここではクリエイター未経験かライターとして働き、転職エージェント経験もある私が、クリエイターの仕事の適性について解説します。

結論からお伝えすると「際立った才能は不要で、書くこと・デザインすることが好きかどうかが最も重要」です。

私自身、未経験からライターになったので、体験談も交えながら解説していきます。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

クリエイターの仕事に適性→才能は不要

クリエイターといっても、ライターやグラフィックデザイナー、Webデザイナーなど職種は幅広いです。

しかし、クリエイターのどの職種に関しても「特別な才能・適性は不要」です。

唯一大事なポイントは、書くこと・デザインすることが好きかどうか。

好きでないお仕事は長続きもしにくく、スキルも身に付けにくいです。

職種に対する憧れも大切ですが、まずは好きかどうかを自問自答しましょう。

 

ライター経験者が思うクリエイターに必要な適性まとめ

私自身、未経験からライターになりました。就職するまで文章を書くのはTwitterかブログくらい。

本やWebメディアでの執筆経験はありませんでしたが、ライターとして仕事ができるようになりました。

ライターとして働くにあたり、あったほうがいいなと思う適性やスキルをお伝えします。それが下記の項目。

  • クリエイティブな仕事が好きか
  • 周りとコミュニケーションが取れる
  • 納期を守ることができる

 

以上の3つが最低限必要ですが、クリエイターでなくても、どのお仕事でも必要な能力ですね。

むしろ特別な才能などなくても、上記があればクリエイターの仕事の適性はあるようなものです。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

クリエイターの仕事の適性①クリエイティブな仕事が好きか

ライター、グラフィックデザイナー、Webデザイナー…どの職種を目指すにしろ、その仕事や作業が好きかどうかはとても重要。

理由としては「憧れ」や「稼げそうだから」という理由では、長続きせず、スキルも身につきにくいから。

クリエイターとして働く場合は、残業が多かったり、激務なこともあるため、やっていることがそこまで好きでない場合は、辛い気持ちのほうが上回ってしまいます。

まずは、目指す職種が本当に好きか、やろうとしている作業に夢中できるかを考えてみましょう。

 

クリエイターの仕事の適性②周りとコミュニケーションが取れる

クリエイターは一人で黙々と作業…そんなイメージがありますが、むしろ逆です。

クリエイターは、クライアントや営業、ディレクター、その他のデザイナー・コーダーの方々など、様々な人とのやりとりを経ながら作品を作っていきます。

やりとりは直接の対面、電話、メールなどその時々で変わルため、コミュニケーション能力は必須です。

クライアントや営業が何を求めているのか、ディレクターの意図は作品に反映できるか…ヒアリング能力もとても重要に。

一人で黙々と作業していたい!と強く思う人は、他の職種でのお仕事の方が合っていますね。

 

クリエイターの仕事の適性③納期を守ることができる

仕事をする上で、納期は必ずあります。

その納期を守れない人は、クリエイターとしての信用を失いやすいため、長続きしないでしょう。

納期に間に合わない場合は、あらかじめ連絡して対策を練るなど、事前のやりとりも必要です。

「遅刻をしない」と同じレベルの適性ですが、自分自身が日常的に約束を守れているか、ぜひ振り返ってみましょう。

 

クリエイターの適性がないかも…と思った場合の対策

自分自身はクリエイターに向いていないかも…と感じたら、周りの人になぜそう思うのかを相談してみましょう。

あなたが考えていることと、周りが思っていること・感じていることは必ずしも一致しません。

仕事に関しては、あなたが単純に向いていないかもと思っているだけで、周りからの評価が高い場合もあります。

もし、周りに相談できる環境がなければ、転職エージェントに無料で相談してみるのもありでしょう。

あなたの性格やこれまでの実績をもとに、今後のキャリアの積み方などを相談できますよ。

おすすめの転職エージェントは「クリエイターにおすすめの転職エージェント5選」の記事にまとめているので、参考にしてください。

クリエイターにおすすめの転職エージェント5選

2018年12月27日

 

クリエイターの仕事の適性まとめ

クリエイターの仕事に必要な適性は下記の通り。

  • クリエイティブな仕事が好きか
  • 周りとコミュニケーションが取れる
  • 納期を守ることができる

 

クリエイティブな仕事にそれほど特別な才能は必要ではないので、本当にクリエイティブな仕事が好き!と思えれば、チャレンジしてみましょう。

もしクリエイター未経験で転職を考えているのであれば「クリエイターへの転職は未経験でも可能?おすすめの転職方法」の記事も参考に。

未経験者からどうやって就職するか、スキルを身につけていくかが書かれています。

クリエイターへの転職は未経験でも可能?おすすめの転職方法

2019年2月5日

 

また、あなたが自分自身にクリエイターとして適性がない、クリエイターになるかどうか迷っていると感じているなら、転職エージェントへ相談してみるのもひとつの手段。

特に転職エージェント「エイクエント」は、クリエイティブ・マーケティング分野に特化しているため、相談に乗ってくれる転職エージェントの知識も豊富。

あなたの能力や実績をもとに、どんなキャリアを積んでいけばいいか、無料で相談にのってくれるので、ぜひ利用しましょう。

エイクエントのリアルな口コミや評判は「エイクエントの口コミや評判まとめ!利用して感じたデメリット・メリットも」の記事で確認してみてください。

さらに、エイクエントでは無料キャリア相談の申し込み・登録でAmazonギフト券3000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。(当サイトを経由した場合のみ※スキルや経験に応じて登録不可の場合もあります)

Amazonギフト券をもらうために特別な手続きは必要なく、下記リンクよりキャリア相談の申し込み&面談後の登録だけでOKです。

>>エイクエントへ無料キャリア相談&登録を申し込む(公式サイトへ)
※申し込みは30秒で終わります。

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク