マスメディアンとDODAを比較!特徴とサービス内容まとめ

マスメディアンとDODAどちらを使うべき?

ここでは、マスメディアンとDODAのそれぞれの特徴やサービスを比較して、おすすめの利用方法をお伝えします。

>>マスメディアン公式サイトはこちら

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

マスメディアンとDODAの比較早見表

 

マスメディアン DODA
求人数  非公開 10万件以上
紹介業種  広告・Web・マスコミ ほぼ全て
コンサルタント  専門特化で丁寧 特化はしていない
対応エリア  主要都市に5支社 主要都市に8支社

 

マスメディアンの特徴と魅力

マスメディアンは、雑誌でも有名な「宣伝会議」や「編集会議」を発行する株式会社宣伝会議が運営する転職エージェント。

広告・Web・マスコミに業種・職種を絞って紹介しています。

これまで4万人の転職サポート実績もあり、第二新卒向けのセミナーやイベントを開催するほか、派遣のお仕事紹介も行っています。

>>マスメディアン公式サイトはこちら

 

DODAの特徴と魅力

リクルートエージェントと並び、転職エージェントでもトップクラスの求人数を誇る「DODA」。

紹介してもらえる職種や業種も幅広く、エージェントの対応も丁寧なので第二新卒でも安心して利用することができます。

大手企業とのつながりも強い転職エージェントです。

>>DODA公式サイトはこちら

 

マスメディアンとDODAの求人数

求人数はマスメディアン<DODA。

マスメディアンは公開求人約2000件、非公開求人は非公開。

一方DODAの求人数は10万件以上です。

マスメディアンは広告やクリエイティブに絞って求人を紹介しているので、求人数に差がつくのは当然です。

広告・クリエイティブだけでなく、様々な業種・職種から仕事を探したいと考えている人はDODAに登録しておきましょう。

>>DODA公式サイトはこちら

 

マスメディアンとDODAの紹介業種

紹介業種はマスメディアン<DODA。

広告やクリエイティブ系の仕事を希望するならマスメディアンへの登録は必須。

一方、DODAはほぼ全ての業種を網羅。

求人数と同様に様々な業種から仕事を選んでいきたいと考えている人は、DODAを選びましょう。

>>DODA公式サイトはこちら

 

マスメディアンとDODAのコンサルタント

キャリアコンサルタントのサポートはマスメディアン>DODA。

マスメディアンは広告・Web・マスコミに特化している分、コンサルタントには専門知識がしっかり備わっています。

また、マスメディアンの転職支援は手厚いという口コミも多く、応募書類の添削や面接後フォローなどもしっかりしてもらえます。

DODAのコンサルタントも第二新卒に手厚いサポートはしてくれますが、クリエイティブ系の知識が乏しかったりするのはデメリットです。

 

編集・ライターで探す場合は、マスメディアンのコンサルタントを頼りましょう。

>>マスメディアン公式サイトはこちら

 

マスメディアンとDODAの対応エリア

対応エリアはマスメディアン<DODA

マスメディアンは東京・大阪・名古屋・福岡・金沢の5都市で支社を展開。

一方、DODAは東京・横浜・大阪・名古屋・北海道・仙台・広島・福岡で計8支社を構えています。

DODAのほうが北海道・東北・中国エリアで利用できる分、エリアは幅広くカバーしていると言えるでしょう。

>>DODA公式サイトはこちら

 

まとめ

マスメディアンとワークポートを比較してきました。

私のオススメは、「マスメディアンへの登録はマスト、追加でDODA」です。

特にライターや編集でお仕事を探している人は、マスメディアンのほうが求人数が豊富なので、必ず登録しておきましょう。

より幅広い職種や業種で探したい人は、追加でDODAに登録しましょう。

編集・ライター職種でも、大企業の求人はDODAで、中小やクリエイティブ企業の求人はマスメディアンで探すのが、求人の漏れがなく、得策です。

いずれの転職エージェントも無料で登録・相談ができるため、それぞれでカウンセリングや求人紹介を受け、自分の希望に合うお仕事に応募してみましょう。

>>マスメディアン公式サイトはこちら

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク