マスメディアンの面談の服装はスーツ?私服?

初めてマスメディアンの面談に行くけど、服装はどうすればいい?

ここでは、マスメディアンの面談時の服装についてお伝えします。

結論からお伝えすると「マスメディアンの面談時の服装は私服で問題ない」です。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

マスメディアンの面談時の服装は私服でOK!

マスメディアンの面談の時の服装は、私服で問題ありません

普段スーツを着て仕事をしている人は、スーツでも大丈夫ですが、デザイナーやライターといったクリエイターの方々は私服の場合も多いでしょう。

そのような人は普段勤務している服装で面談に足を運びましょう。

>>マスメディアンに無料で転職相談をする

 

マスメディアンの面談はリラックスできる・普段通りがポイント

マスメディアンを含め、転職エージェントでは、服装がきっちりしたスーツだからといって、優先的にお仕事を紹介することはありません。

大切なのは、履歴書・職務経歴書がしっかり用意されているか、自分の実績やビジョンを自分の言葉で語ることができるかです。

慣れないスーツを着て緊張のあまり何も話せないことより、普段通りの服装で、落ち着いて自分の言葉で話せる方が、エージェントもヒアリングやアドバイスがしやすいです。

自分自身がリラックスできる、落ち着いて話せる服装で、面談に臨みましょう。

 

マスメディアンの面談時は履歴書・職務経歴書・実績集を揃えよう

マスメディアンの面談においては服装も大事ですが、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオ(実績集)の作り込みの方が重要です。

これまでどのような職場で、どのような役割を担ってきたか。

どんな雑誌やWeb媒体を手がけてきたか。

このようなことを見やすくお知らせするほうが、スムーズなカウンセリング・求人紹介につながります。

場合によっては、その場で履歴書・職務経歴書・実績集の添削をしてもらえることもあります。

貴重な時間を割くので、事前に用意できるものを揃えて面談に臨みましょう。

>>マスメディアンに無料で転職相談をする

 

マスメディアンの面談時の服装まとめ

まとめです。

  • マスメディアンの面談時の服装は私服でOK
  • 自分がリラックス・落ち着いて話せるかが大切
  • 履歴書・職務経歴書・ポートフォリオの作り込みも大事

 

マスメディアンの面談は「面接」ではありません。

ありのままのあなたを見せることで、キャリアコンサルタントの方にもあなたの魅力をしっかり理解してもらいましょう。

>>マスメディアンに無料で転職相談をする

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク