Webクリエイターの仕事内容は?必要なスキルと年収まとめ

Webクリエイターを目指したいんだけど、実は仕事内容がよくわかってなくて…Webデザイナーと違うの?

ここでは元転職エージェントの私が、Webクリエイターの仕事内容や、Webクリエイターになるための必要なスキル・年収を解説します。

結論からお伝えすると「WebクリエイターはWebデザイナーと異なり、どちらかというとWebディレクターと似た仕事になる」です。

>>Webクリエイターの求人をチェックする(エイクエント公式サイトへ)

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

Webクリエイターの仕事内容

Webクリエイターは、Webサイトやコンテンツ制作を一挙に担う職業になります。

企業によってはWebサイト制作の打ち合わせから参加し、コンセプトの立案やWebデザイナー・コーダー・ライターへの指示出しまで担当することも。

Webデザイナーは、Webサイトのデザインだけを担当する場合が多いですが、Webクリエイターはより川上に位置し、サイト設計全体を担当します。

もちろん、自分自身で制作することも少なくないので、Webデザイン・コーディングの知識や経験がある人がなっていく場合が多いです。

 

Webクリエイターに必要なスキル

Webクリエイターはサイト制作・構築を担うため、Webデザインやコーディングのスキルがある人が好ましいです。

また、中にはSEO対策まで任せられることもあるので、Webマーケティングの知識もある方がベターです。

所属する企業によって、どこまでの仕事を任せられるか幅があるため、面接時に確認するようにしましょう。

もし、あなたが今持っているスキルでWebクリエイターになれるか確認したいのであれば、転職エージェントに相談を。

クリエイティブ・マーケティング分野専門の転職エージェントであるエイクエントであれば、あなたのスキルに合ったWebクリエイターの仕事の紹介をしてもらえる場合もあります。

また、無料相談をすることで、今後身につけるべきスキルや実績なども明確になり、うまくキャリア形成ができるようになります。

エイクエントの口コミや評判は「エイクエントの口コミや評判まとめ!利用して感じたデメリット・メリットも」の記事をご確認ください。

エイクエントの口コミや評判まとめ!利用して感じたデメリット・メリット

2019年3月26日

 

Webクリエイターの年収

WebクリエイターはWebデザイン・コーディングなど様々なスキルを必要とするため、年収も高めの傾向があります。

出回っているWebクリエイターの求人の最低年収はおおよそ400〜500万円程度。大企業やベンチャー企業になると、800〜1000万円になることも。

Webクリエイターになるには、スキルや知識、実績がかなり必要ですが、それだけできる人が少なく、求める企業も多くあります。

 

Webクリエイターの仕事内容・必要スキルまとめ

まとめです。

  • WebクリエイターはWebサイト・コンテンツ制作を一挙に担当
  • Webデザイン・コーディング、SEOの知識があると良い
  • 知識とスキルが必要なので、年収は高め

 

Webクリエイターは未経験からすぐになれる職業ではありません。

しかし、WebデザイナーやWebコーダーからスタートし、知識とスキルを少しずつ身に付けることで、少しずつ近づいていける職業です。

企業によってWebクリエイターに求めるスキルや経験は異なります。

もしあなたが今Webデザイナーやコーダーとして活躍しており、スキルアップしたいのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。

クリエイティブ・マーケティング分野専門の「エイクエント」には、Webクリエイターの求人が豊富にそろっています。

クリエイティブ専門であることから、担当エージェントの知識も豊富で、サポートも手厚いです。

無料キャリア相談サービスを利用して、今のあなたに提示される求人レベルを知り、今後身につけるスキルを明確にしましょう。

>>エイクエントへ無料キャリア相談を申し込む(公式サイトへ)

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク