Webデザイナーは残業が多いのは本当?

Webデザイナーになろうと思うんだけど、やっぱり残業多いの?激務?

ここでは元転職エージェントの私がWebデザイナーは激務なのかどうか解説します。

結論からお伝えすると「Webデザイナーは残業が多いかどうかは、企業の業種やポジションによる」です。

答えが曖昧で申し訳ないですが、ぶっちゃけ会社による側面が多いです。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

Webデザイナーは残業が多い?

Webデザイナーは残業が多いイメージがありますが、ホワイトな条件で働いている人もいます。

もちろん、イメージ通り、残業が多かったり、休日出勤が発生したり、薄給なことも。

Webデザイナーというひとつの職種ではありますが、働く企業によってブラックにもホワイトにもなり得るので注意が必要です。

ここからは残業が多い業種・少ない業種の傾向を見ていきましょう。

 

Webデザイナーで残業が多い業種

Webデザイナーで残業が多い傾向にある企業は下記の場合。

  • Web制作会社や制作プロダクション
  • 広告代理店

 

特に小さなWeb制作会社や広告代理店は人手不足もあるため、一人のWebデザイナーに対する負荷が大きい場合が多いです。

そのため、自然と業務時間が長くなってしまったり、対応のために休日も仕事になることも。

もちろん、業務の効率化を図って、残業がほぼない制作会社や広告代理店も存在します。

 

Webデザイナーで激務な場合が少ない業種

反対に残業が少ない業種の代表例は下記の通り。

  • メーカー
  • 大手企業

 

Webデザイナーで残業が少ない傾向にあるのは「メーカー」。

食品メーカーや自動車メーカーなどは大手企業が多く、社員全体で残業が少ない場合が多いです。

そのため、Webデザイナーであっても、残業が少なかったり、休日出勤がほぼなかったりします。

また、基本的に自社のWebサイトやサービスを作ることになるため、制作会社にように、突発的に〆切に終われることも少ない傾向にあります。

メーカーはホワイトな条件であることが多いため、グラフィックデザイナーの転職でも人気の業種になっています。

>>Webデザイナーの求人をチェックする(エイクエント公式サイトへ)

 

Webデザイナーで残業が多い企業を避ける方法

Webデザイナーでは激務な業種・企業家どうかが見極めが難しいです。

そのため、「転職エージェントを利用して転職する」で残業が多い企業をを避けましょう。

 

転職エージェントを利用して転職

Webデザイナーで残業が多い企業を避けるのであれば、「残業が少ない業種に転職する」。これしかありません。

残業が少ない業種・企業かどうかは、転職サイトではわかりづらいです。

そのため、残業が少ない企業へ転職したいと考えているのであれば、転職エージェントを利用することがおすすめ。

転職エージェントは、転職サイトにはない企業の実態はもちろん、残業の有無など、内情を詳しく知っています。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェントは「Webデザイナーにおすすめの転職エージェント5選」の記事でまとめているので参考にしてみてください。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント5選

2019年1月28日

 

Webデザイナーは残業多いの?まとめ

まとめです。

  • Webデザイナーの残業が多いかどうかは業種や企業による
  • 残業が多い企業を避ける方法→転職エージェントを使って転職

 

Webデザイナーは残業が多い印象ですが、企業や業種によってかなり異なります。

また、残業が多いかどうかを知るには、企業が作っている転職サイトでは実態がわからないです。

そのため、転職して残業が多い職場から解放されたい人は転職エージェントを利用しましょう。

Webデザイナーに特におすすめしたい転職エージェントはエイクエント

エイクエントはクリエイティブ・マーケティング分野に特化した転職エージェントのため、エージェント一人一人の知識も豊富で、サポートも手厚いです。

企業の内情についても詳しいため、受ける企業が激務かどうかの情報も握っていますよ。

今、Webデザイナーで残業の多さに苦しんでいる人は、自分の市場価値を知るために、一度エイクエントに登録し、無料キャリア相談を受けてみましょう。

>>エイクエントへ無料キャリア相談を申し込む(公式サイトへ)

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク