Webデザイナー転職で給料交渉する方法!転職エージェントを活用しよう

Webデザイナーとして転職を考えているけど、給料の交渉ってできるの?自分でできる気がしない・・・

ここでは元転職エージェントの私が、Webデザイナーの転職で給料交渉する方法をお伝えします。

最も気軽なのが「転職エージェントを利用して、代わりに給料交渉を行ってもらう」です。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

Webデザイナー転職で給料交渉する方法

Webデザイナーの転職で給料を交渉する方法は、大きく下記の2つの方法があります。

  • 自分自身で交渉する
  • 転職エージェントに給料交渉してもらう

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

Webデザイナーの給料交渉方法①自分自身で交渉する

リクナビNEXTやマイナビ転職などの転職サイトを使って自分自身で応募し、内定を得た場合、給料の交渉は自分自身で行わなければいけません。

給料の交渉のタイミングは受ける企業によって異なり、面接の際に給料の話があるところもあれば、内定を出した後に給料の話があることも。

給料の交渉では手取りでいくらぐらい欲しいのかを明確に伝えるようにしましょう。

手取りの金額と思いきや、総支給額のこともあるので注意が必要です。

 

Webデザイナーの給料交渉方法②転職エージェントに給料交渉してもらう

自分自身で交渉する以外に、転職エージェントに給料交渉してもらう方法があります。

条件としては、転職活動で転職エージェントを利用しないといけないですが、内定まで得られれば、あなたに代わって給料交渉をしてくれます。

給料の交渉はどうしても自分だけでは強気でできない…そんな人は転職エージェントをうまく活用するといいでしょう。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェントに関しては「Webデザイナーにおすすめの転職エージェント5選」の記事で詳しく紹介しているので、合わせてお読みください。

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント5選

2019年1月28日

 

転職エージェントを使って年収アップできた!

私自身、転職活動の際に転職エージェントを使って、転職を成功させました。

もちろん、給料の交渉は転職エージェントに希望を伝えて、あとは一任。

給料は転職エージェントに伝えた希望金額よりちょっと高めになり、満足いく結果になりました。

転職エージェントは日常的に、企業と求職者の間に立って、給料や条件面の交渉をしています。

不慣れな人が自分で交渉するよりも、話もうまくまとまりやすいです。

求職者側は転職エージェントの利用は無料なので、使わない手はありませんよ。

クリエイターにおすすめの転職エージェント5選

2018年12月27日

 

Webデザイナー転職で給料交渉する方法まとめ

まとめです。

  • Webデザイナー転職で給料交渉する方法は2つある
  • 自分自身で交渉する
  • 転職エージェントに代わりに交渉してもらう

 

Webデザイナーの転職で給料交渉するのであれば、転職エージェントを使うのがおすすめです。

特にこれまで転職活動をあまり経験してこなかった、転職活動が初めてという人は、転職エージェントに任せた方が安心です。

Webデザイナーの転職ででおすすめのエージェントは「エイクエント」。

クリエイティブ・マーケティング専門の転職エージェントのため、業界の給料事情にはとても詳しいです。

Webデザイナーの非公開求人もあるので、転職活動の際にはぜひ利用しましょう。

>>エイクエントへ無料キャリア相談を申し込む(公式サイトへ)

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク