Webデザイナーの転職におすすめの時期!有利なシーズンはある?

Webデザイナーとして転職を考えているけど、転職に有利な時期ってあるの?求人が増える時期も知りたい!

ここでは、元転職エージェントの私が、Webデザイナーの転職に有利な時期や求人数が増加するシーズンについてお伝えします。

結論からお伝えすると「有利な時期はありませんが、求人数が増加する時期は2〜3月、8〜9月」です。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

Webデザイナー転職におすすめの時期はない

Webデザイナー転職で、内定が取りやすい時期やおすすめのシーズンはありません。

理由としては求人が増える時期は、同じように転職希望者も増え、倍率などもさほど変わりません。

反対に、転職希望者が少ない時期は、比例して求人数も少なくなるので、あなたの希望に沿ったお仕事がない場合もあります。

Webデザイナーの転職で、内定が取りやすい時期はないということを覚えておきましょう。

参考にするとしたら、求人数が多い時期と少ない時期です。

あなたの希望に合った仕事がある可能性が高いのは、求人数が多い時期なので、求人数が増える時期を下記よりチェックしましょう。

 

Webデザイナー転職で求人が多い時期と少ない時期

Webデザイナーとして転職する場合、内定が得やすい時期はありませんが、市場に出回る求人数が多い時期と少ない時期は存在します。

 

Webデザイナー転職で求人が多い時期は春と秋

Webデザイナーの求人数が多い時期は、2〜3月と8月下旬〜9月になります。

2〜3月は春の4月入社に向け、8月下旬〜9月は10月入社に向けて、求人が増える傾向にあります。

春と秋は求人数が増えるものの、同時に3月末・9月末に退職して、次の転職先を探す人も多くなる時期。

選考の倍率は上がるので注意が必要です。

 

Webデザイナー転職で求人数が少ない時期にも注意

Webデザイナー転職で春と秋は求人数が増える傾向のため、あなたの希望に沿った仕事が見つかりやすい時期です。

反対に求人数が減るのが、大型連休の前。

GWが近い4月中旬〜5月中旬、お盆がある8月初旬、年末年始が目前の12月などは、入社のタイミングも計りづらいため、採用も少ない傾向にあります。

狙うのであれば、大型連休明け。

大型連休前に採用を検討し始めた企業が、求人をスタートさせるため、求人数も増え始める時期に当たります。

 

Webデザイナー転職の時期まとめ

まとめです。

  • Webデザイナー転職に内定が出やすい時期はない
  • 求人数が増えるのは2〜3月の春と9月の秋
  • 求人数が少ないのはGWやお盆、年末年始などの大型連休前

 

求人数が増える=転職をしようとするライバルも増えるため、内定を得やすくなるとは限りません。

しかし、一年を通して春と秋は求人数が増えるため、あなたに合った仕事の求人がかかる可能性は高いです。

転職の時期を悩んでいるのであれば、まずは求人数が増える2〜3月や9月を狙ってみましょう。

転職の時期に不安があるのであれば、転職エージェントに登録して、日常的に情報交換するのもおすすめ。

Webデザイナーであれば、クリエイティブやマーケティング分野に特化した転職エージェントである「エイクエント」の登録がおすすめ。

クリエイティブ業界に精通したエージェントが、あなたの希望に合った仕事情報や転職におすすめの時期を教えてくれます。

利用はもちろん無料なので、これから転職活動をスタートさせる人は登録しておいて損はないでしょう。

エイクエントの口コミや評判については「エイクエントの口コミや評判まとめ!利用して感じたデメリット・メリットも」の記事もご確認ください。

>>エイクエントへ無料キャリア相談を申し込む(公式サイトへ)

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク