ライターに新卒でなる方法まとめ

ライターになりたいんだけど、新卒入社でなれるもの?なる方法や対策があったら知りたい!

ここではライターを経験し、さらに転職エージェントの経験もある私が、ライターに新卒入社でなる方法を解説します。

結論から言うと、「新卒でライターになることはできますが、狭き門なので経験があったら有利」です。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

ライターに新卒でなる方法まとめ

ライターに新卒入社でなる方法はあります。

大きく3つの方法があるので、解説します。

  • ライターを新卒募集している企業を受ける
  • 編集者を新卒募集している企業を受け、ライターになる
  • アルバイトでライター経験を積み、社員登用を狙う

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ライターを新卒募集している企業を受ける

まずはストレートにライターを新卒募集している企業を受けるようにしましょう。

しかし、ライターを新卒募集している企業はごくわずかなので、激戦になってしまいます。

最近では、Webライターの募集数も増えているので、狙うなら紙媒体を扱っている企業よりもWebサイト関連の企業を受けた方が内定は取りやすいでしょう。

Webライターであれば、クラウドソーシングの「クラウドワークス」などで大学に通いながら経験が積めるので、利用しておくと実績のひとつとなるのでおすすめです。

>>クラウドワークスでライターの仕事をチェックする(公式サイトへ)

 

編集者を新卒募集している企業を受け、ライターになる

出版社などであれば、ライターの採用よりも編集者の募集が多いです。

そのため、いったん編集者として新卒入社し、のちのちライターとなることも可能。

編集者は作家さんやライターさんとのやりとりを多いため、ライティングの勉強もしやすい環境と言えるでしょう。

編集者として実務経験を積んで、ライターになる人も多くいるので、まずは編集者として新卒入社するのもありです。

 

アルバイトでライター経験を積み、社員登用を狙う

大学生であれば、アルバイトとしてライター経験を積みながら、そのまま社員登用を狙うのもひとつの手段。

アルバイトでライターの実務経験を積んでいると、他の企業の選考でも有利になります。

もちろん、アルバイト先でそのまま社員になるのもあり。企業側も仕事を一から教える必要がないので、行きたい企業があれば、学生の時にアルバイトとして実際に働いてみましょう。

 

ライターに新卒でなる方法まとめ

まとめです。

  • ライターを新卒募集している企業を受ける
  • 編集者を新卒募集している企業を受け、ライターになる
  • アルバイトでライター経験を積み、社員登用を狙う

 

ライターには新卒入社でなれますが、そもそも募集が少ないので、激戦になってしまいます。

そのため、少しでもライター経験を積んでおくといいでしょう。

目指す企業が具体的ならばその企業でアルバイトするのもあり。

しかじ、漠然とライターになりたいと思っているのであれば、クラウドソーシングでライター経験を積んでおきましょう。

特に「クラウドワークス」では大学生でも書けるライティングの仕事が豊富です。

アルバイト感覚でライター経験を積んでおくことで、新卒でもライターになりやすくなりますよ。

>>クラウドワークスでライターの仕事をチェックする(公式サイトへ)

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク