ライターの転職にポートフォリオは必須?作り方や書くべきことまとめ

ライターとして転職を考えているけど、ポートフォリオって作った方がいいの?作り方とかある?

ここでは、ライターとして転職を経験&転職エージェントも経験した私が、ライターの転職にポートフォリオが必要かどうか、どうやって作っていけばいいのかを解説します。

結論からお伝えすると「ライターの転職でポートフォリオは必須ではないが、あると説得力が増す」です。

また、ポートフォリオをこれから作る人は、クリエイター専門の転職エージェントのエイクエントに転職相談をするのが手っとり早いです。

無料で、ポートフォリオの実例を見せてくれながら、作り方を教えてくれます。

さらにエイクエントでは無料キャリア相談の申し込み・登録でAmazonギフト券3000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。(当サイトを経由した場合のみ※スキルや経験に応じて登録不可の場合もあります)

Amazonギフト券をもらうために特別な手続きは必要なく、下記リンクよりキャリア相談の申し込み&面談後の登録だけでOKです。

>>エイクエントへ無料キャリア相談&登録を申し込む(公式サイトへ)
※申し込みは30秒で終わります。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

ライターの転職にポートフォリオはあった方がいい

ライターの転職の際に、ポートフォリオはあった方がいいです。しかし、必ず必要というわけではありません。

私自身、持ち出すことができない作品やデータなどもあり、ポートフォリオを作らずに面接に臨みましたが、内定をいただくことができました。

もちろん、ポートフォリオを用意できるのであれば、自分が特に大きく関わった作品や広告、制作物を一つの冊子にまとめて用意しておきましょう。

ポートフォリオがあった方が、自分の制作物を証明できることができ、面接で話すことの説得力も増します。

 

ライターの転職のポートフォリオの作り方・書くべきこと

それでは、ライターが転職する際に作るポートフォリオはどのように制作し、何を盛り込んだらいいのでしょうか。

ライターのお仕事はデザイナーと異なり、テキストがメインとなるため、テキストだけを並べるとインパクトに欠けます。

そのため、作ったポスターや誌面などをスキャンし、画像として紹介しつつ、制作時のポイントを周辺で説明するようにしましょう。

ライターのポートフォリオを作る際に、書いておきたいポイントは下記の通り。

  • 媒体名(クライアント情報)
  • 制作年月日
  • 制作意図やコンセプト
  • 制作後の反響や効果

 

特に、クライアントの依頼内容〜どのように作品に落とし込んだかはしっかり書くようにしましょう。

加えて、利用したマーケティングデータや、制作後にどんな反響があったかも書いておくといいでしょう。

もし、あなたが初めてポートフォリオを作るのであれば、自分だけで作るのは避けましょう。

他の転職希望者がどのようにポートフォリオを作っているか事前に調べ、則りながら作る方が効率的です。

特に頼りになるのが、クリエイター専門の転職エージェントであるエイクエント。

無料で転職の相談ができるほか、ポートフォリオの作り方も例を見せてくれながら丁寧に教えてくれます。

>>エイクエントへ無料キャリア相談を申し込む(公式サイトへ)

 

ライターの転職のポートフォリオまとめ

ライターの転職において、ポートフォリオは必須ではありませんが、用意しておいて方が企業にも説得力が増すので、作っておく方がベターです。

誰もが最初に作るポートフォリオは、他の人のポートフォリオを見よう見まねしたものになります。

これからポートフォリオを作る人はエイクエントで作り方を聞きつつ、ポートフォリオを見せてもらいましょう。

作る際の注意点や、受ける企業に対してどんなプレゼンが効果的か具体的に教えてくれますよ。

>>エイクエントへ無料キャリア相談を申し込む(公式サイトへ)

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク