ライターの転職の面接はスーツで行くべき?

ライターとして転職活動中なんだけど、面接ってスーツで行くべき?私服のほうが個性が出るからいいのかな?

ここでは元転職エージェントの私が、ライターが面接の際にスーツを着用すべきかお伝えします。

結論からお伝えすると「業種や面接の段階によって選ぶと良い」です。

 

\登録でギフト券3千円分プレゼント中/
エイクエント_広告

ライター転職でスーツを着るべきかは業種によって判断

ライターの面接において、スーツを着るかどうか、ひとつは受ける企業の業種によって判断するといいですよ。

  • 全国に支社がある大企業
  • 昔ながらの印刷会社
  • 日常的にスーツを着ることが多い広告代理店

 

上記のように、企業色が強かったり、昔からある企業を受ける場合は、スーツをおすすめします。

 

ライター転職でスーツ不要の場合の業種

ライターが面接を受ける際、スーツでない場合の業種は下記の通り。

  • 小規模な制作会社
  • 中小の出版社
  • 編集プロダクション

 

私自身、編集プロダクションを受けましたが、面接はスーツでなく私服で来てくださいと指定がありました。

日常的に私服で働く業種や企業はスーツの必要がない場合が多いです。

しかし、面接なのでパーカーなどは避け、ジャケットを羽織るなど、清潔感のある服装で行くほうがベターでしょう。

 

判断に迷ったらライターでもスーツで面接に!

ライターの面接で特に服装に指定がない場合で迷ってしまった場合はスーツで行っておくほうが無難です。

特に転職サイト経由で企業を受ける場合、服装の指定がなく、自分自身で判断する必要があります。

企業側から私服の指定がない場合、スーツで臨むようにしましょう。

転職エージェントを使って面接に進んだ場合は、転職エージェントに確認して服装を決めるのが良いでしょう。

転職エージェントは企業の風土や、面接の雰囲気なども知っているため、的確なアドバイスをしてもらえます。

ライター転職におすすめの転職エージェントについては「ライターにおすすめの転職エージェント5選」の記事にまとめているので、合わせてチェックしましょう。

ライターにおすすめの転職エージェント5選

2018年12月17日

 

ライター転職や面接でスーツを着るべきかまとめ

ライターの面接でスーツを着るかどうかのまとめです。

  • 企業色が強かったり、昔からある企業を受ける場合はスーツ着用
  • 出版社や編集プロダクションはスーツ不要の場合が多い
  • 最終面接や社長面接はスーツがベター

 

ライターが面接の際にスーツを着るかどうかは、受ける企業や面接の段階に応じて決めるのがおすすめ。

また、面接でスーツを着るべきかどうか迷ったら、転職エージェントに聞いてみるのもひとつの手です。

特にクリエイター・マーケター専門の転職エージェントである「エイクエント」は、業界の慣習や受ける企業がどのような雰囲気なのかを熟知しています。

そのため服装はもちろん、面接の傾向なども詳しく教えてくれますよ。

エイクエントの口コミや評判については「エイクエントの口コミや評判まとめ!利用して感じたデメリット・メリットも」の記事をお読みください。

さらに、エイクエントでは無料キャリア相談の申し込み・登録でAmazonギフト券3000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。(当サイトを経由した場合のみ※スキルや経験に応じて登録不可の場合もあります)

Amazonギフト券をもらうために特別な手続きは必要なく、下記リンクよりキャリア相談の申し込み&面談後の登録だけでOKです。

自分自身が登録でAmazonギフト券がもらえる転職エージェントはなかなかないので、合わせて活用しましょう。

>>エイクエントへ無料キャリア相談&登録を申し込む(公式サイトへ)
※申し込みは30秒で終わります。

 

\転職エージェント人気ランキング/
1位:エイクエント

2位:マスメディアン

3位:リクルートエージェント

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの転職相談申込数)

スポンサードリンク